東京・千葉・神奈川・埼玉で相続・遺言のご相談はアイクス司法書士事務所へ

東京相続手続相談所

運営 アイクス司法書士事務所 八丁堀駅:3分

相続手続き等に関して【 無料個別相談受付 】はこちら

0120-583-800

受付 9:00 ~ 17:00 / 月~金

遺言書

TOP >  遺言書

遺言とはご自身が亡くなった後、自分の意思を遺言書に明記し自分が残した遺産で
相続人達が争わないようにする為の手段です。

遺言書が無いと

矢印下

  • 相 続
  • 争 族

遺言書が無いばかりに、この『争族』になってしまったというのは、近年よくある事例です!法定相続人達が『骨肉の争い』をしてしまい、遺言書が無かったばっかりに相続手続きが一向に進まず、遺産の分割を巡り本当に争ってしまうケースも散見しています。

円滑な相続手続きをする上でも、遺言書は非常に有効な手段だと言えます。

遺言書が必要と思われるケース

  • ・相続人がいない
  • ・法定相続の割合を変えたい
  • ・遺産を相続させたくない
  • ・配偶者又は子供がいない
  • ・法定相続人以外に遺産を残したい(内縁の妻・先妻の子供・お世話になった方)
  • ・寄付をしたい

遺遺言書の種類

  • 公正証書遺言公証人が作成(遺言が公証役場にも保管される)
  • 自筆証書遺言遺言者が自分で作成(自分で保管)
  • 秘密証書遺言遺言者が自分で作成し、封をして公証人に提出(自分で保管)

遺言書の作成方法

  • 公正証書遺言証人2人以上必要・公証人に趣旨を伝える遺言者、証人が署名押印
  • 自筆証書遺言自書する(全文、日付、氏名)・押印
    訂正方法 → 変更したことを明示、署名、押印
  • 秘密証書遺言遺言者が遺言書に署名押印(文章はワープロでも可)
    封筒に入れ遺言書に押印した印鑑で封印
    封筒に公証人と証人2人が署名押印

遺言書の注意点(メリットとデメリット)

一般的には公正証書遺言と自筆証書遺言が使われていますが、遺言書にもメリットとデメリットがございます。その状況によって使い分けることも大切です。

  • 公正証書遺言 メリット 文字が書けない・耳が聞こえない・口がきけない方でも作成可能公証人役場で作成保管されるので紛失や勝手に相続人による破棄・改ざんもできません。お亡くなり後はすぐに遺言内容に沿って相続手続きが開始できます。 デメリット 遺言書作成時に証人が2人必要となります。公正証書作成費用が掛かります。
  • 自筆証書遺言 メリット いつでも、どこでも簡単に作成することができます。証人不要。 デメリット お亡くなり後はすぐに相続手続きが出来ず、裁判所での検認が必要。紛失や改ざんの懸念があります。

遺言書の重要性

遺言書は今や珍しいものでは無くなりました。遺言書があれば不要な争いが無くなる上にご自身の思いをご遺族に残すこともできます。法定相続分を考慮した上でどうしても、『こうしたい・ああしたい』と言った思い入れが有る場合は特に遺言書は重要になります、遺言書が無いばかりに遺産分割を巡り争いや、相続人にへの負担・スムーズな相続を考えた場合、『遺言書』は非常に重要な手法と言えます。

相続手続き等に関して【 無料個別相談受付 】

相続に関して『どこに相談していいかわからない』方へ!

~当事務所が窓口1つで解決致します~
free dial 0120-583-8000120-583-800受付 9:00~17:00 / 月~金

アイクス司法書士事務所【 東京相続手続相談所 】

〒104-0032 東京都中央区八丁堀4丁目10番8号第3SSビル601号

代表者 認定司法書士 坂本 知昭

東京司法書士会所属第4070号/簡裁訴訟代理関係業務認定番号第801015号

page top