東京・千葉・神奈川・埼玉で相続・遺言のご相談はアイクス司法書士事務所へ

東京相続手続相談所

運営 アイクス司法書士事務所 八丁堀駅:3分

相続手続き等に関して【 無料個別相談受付 】はこちら

0120-583-800

受付 9:00 ~ 17:00 / 月~金

遺産分割協議書は必要?

TOP >  遺産分割協議書は必要?

相続が発生した際に遺言等が無く、相続人が複数いる場合相続分に応じて相続人に遺産を分配する必要があります。具体的に誰にどう分配すするのか話し合いを相続人全員でする必要がでてきます。この話し合いで決まったこと事が『遺産分割協議書』と言います。

遺産分割協議書を作成する前に

①相続人の確定

遺産分割協議書は全ての相続人が参加し話し合いを行わなければなりません、なぜなら相続人が一人でも欠いてしまうと、その遺産分割協議書は無効になってしまうのです。

②特別代理人の選任

相続人の中に未成年がいる場合、未成年者本人とその親権者の利害の対立を避ける為特別代理人の選任する必要があります。(親族より適切な人選をし、家庭裁判所に申し立て必要)

遺産分割の種類

遺産の分割には様々なものがあります、『不動産』『現預金』『有価証券等』『事業資産』等各種に分かれます。特に分割しにくい財産の場合は相続人間で公平に不満なく分けることが大切です。

現物分割

現物分割

*個々の財産をそのまま相続人に現物で分配します

共有分割

共有分割

*公平な分配ができます(上記の場合は妻と長男で不動産を共有)

換価分割

換価分割

*そのままでは分割しにくい財産等を売却現金化し相続人に分配

代償分割

代償分割

*財産を一部の相続人が取得する代わりに、他の相続人に金銭を払う

遺産分割協議書は話し合いはしなくてはいけませんが、一堂に会す事が無理であれば電話や書面による郵送方法等でも進めることができます。遺産分割協議書の成立は全員の合意後、署名捺印をすることが普通ですが中々大変な作業ではあります。大切な財産ですので、相続人の間で納得のいく話し合いを行ってください。

また、専門的・法律的な部分も多分にございますので、各士業の専門家に相談されることもお勧めいたします。当事務所ではワンストップでご対応致します。

相続手続き等に関して【 無料個別相談受付 】

相続に関して『どこに相談していいかわからない』方へ!

~当事務所が窓口1つで解決致します~
free dial 0120-583-8000120-583-800受付 9:00~17:00 / 月~金

アイクス司法書士事務所【 東京相続手続相談所 】

〒104-0032 東京都中央区八丁堀4丁目10番8号第3SSビル601号

代表者 認定司法書士 坂本 知昭

東京司法書士会所属第4070号/簡裁訴訟代理関係業務認定番号第801015号

page top